まきの整骨院

日曜・祝日は定休日です。お電話番号は0865-62-5465

〒714-0098
笠岡市十一番町11-27

まきの整骨院

日曜・祝日は定休日です。お電話番号は0865-62-5465

〒714-0098  笠岡市十一番町11-27

まきの整骨院について

笠岡 笠岡市 まきの整骨院 腰痛 肩痛 肩こり 首コリ 首痛 寝違え ぎっくり腰 十一番町 鍼灸 はり きゅう 膝痛 捻挫 骨折 脱臼 肉離れ 

患者さんの痛みや悩みに
真っ直ぐに真っ向から応えます。

当院は 先代が昭和50年(1975年)3月に開業し、
当代が平成17年(2005年)2月より受け継ぎ、42年あまり地域の患者さんに支えられながら、そして育てていただきながら現在に至っております。

 

私は、幼少の頃より柔道を初め、小・中・高・大学・社会人と5度の日本一を経験するも、膝の故障に泣きオリンピック選手になる事が叶わなかった経験から、スポーツ選手の治療(特に学生のケガ)や膝痛の症状に悩む人を救いたい!!

という、強い信念を持ち日々臨床に向かっております。

 

ですので、開業当初から私たちの願いはただ一つ。「一人でも多くの患者さんの痛みを取り笑顔でお帰りいただく」それにつきます。
今後ともスタッフ全員で「心とからだの健康回復のお手伝い」をさせていただき、地域の皆さんを元気にできるよう日々精進してまいります。

 

院長 牧野 貴仁

院長 牧野貴仁 略歴紹介
  • 1975年(昭和50年)9月12日 笠岡市に生まれる
  • 1980年(昭和55年)柔道場 笠岡彰善館 入門
  • 1981年(昭和56年)笠岡市立 笠岡小学校に入学
  • 1982年(昭和57年)近隣の参加柔道大会 初優勝
  • 1984年(昭和59年)小学4年生で岡山県柔道選手権大会 初優勝
    以後、小学六年生まで同大会 三連覇
  • 1985年(昭和60年)笠岡市立 笠岡中央小学校に転校
    全日本少年柔道大会 優勝(日本一)
  • 1986年(昭和61年)西日本少年柔道大会 優勝
  • 1987年(昭和62年)笠岡市立 笠岡東中学校に入学
  • 1989年(平成 元年)全国中学校柔道大会 優勝 (日本一)
    金光楯 岡山県柔道選手権大会 六連覇
  • 1990年(平成 2年)私立 天理高校に入学
    全国高等学校柔道大会 優勝(団体 日本一)
    全国高等学校柔道選手権大会 優勝 (日本一)
  • 1991年(平成 3年)国際高等学校柔道選手権大会 優勝(団体)
  • 1992年(平成 4年)私立 天理大学に入学
    全日本学生柔道優勝大会 準優勝(団体)
  • 1993年(平成 5年)全日本学生柔道優勝大会 三位
  • 1994年(平成 6年)全日本学生柔道優勝大会 三位
  • 1995年(平成 7年)全日本学生柔道優勝大会 三位
  • 1996年(平成 8年)ダイコロ株式会社(実業団)に入社
    関西医療学園 柔道整復科に入学
    全国柔道整復学校柔道大会 優勝(団体)
    熊本国体に岡山県代表として出場
  • 1997年(平成 9年)全国柔道整復学校柔道大会 二連覇(団体)
    大阪 牧野整骨院に修業入り
  • 1999年(平成11年)国家資格 柔道整復師を取得
    宮城国体に岡山県代表として出場
    関西医療学園 鍼灸科に内部進学
  • 2002年(平成14年)国家資格 はり師、きゅう師、按摩・マッサージ・指圧師を取得
  • 2003年(平成15年)柔道整復師専科教員免許を取得
  • 2004年(平成16年)岸部診療所(総合病院)の立ち上げに尽力
  • 2005年(平成17年)まきの整骨院 二代目院長として就任
  • 2006年(平成18年)朝日医療専門学校にて、非常勤講師に就任(以後、9年間務める)
  • 2009年(平成21年)柔道場 笠岡彰善館の館長に就任(在任中)
  • 2014年(平成26年)中国地区少年柔道競技者 育成指導者に就任(在任中)
  • 2015年(平成27年)まきの整骨院 二代目就任 10周年
    河原医療福祉専門学校 にて特別講話を行う
まきの整骨院の歴史
  • 1975年(昭和50年)笠岡市 田頭にて、初代院長 牧野仁志がまきの整骨院を開院
  • 1976年(昭和51年)日本鋼管野球部の指定治療院となる
  • 1985年(昭和60年)創業10年を迎える
  • 1987年(昭和62年)笠岡市 十一番町(現在所在地)へ移転
  • 1988年(昭和63年)専属治療をしていた野球選手がプロ契約
  • 1994年(平成 6年)笠岡彰善館の指定治療院となる。
  • 1995年(平成 7年)創業20年を迎える
  • 2005年(平成17年)二代目院長 牧野貴仁 が受け継ぐ
  • 2006年(平成18年)院長が朝日医療専門学校(現 朝日医療大学校)
    非常勤講師に就任 (以後、9年間に渡り務める)
  • 2009年(平成21年)院長が笠岡彰善館の館長に就任(在任中)
    倉敷市玉島に 初代副院長 花井俊夫がはない整骨院を開院
  • 2011年(平成23年)井原市下出部に かわい整骨院を開院
  • 2012年(平成24年)倉敷リバーサイド病院と地域医療連携の体制を構築
  • 2013年(平成25年)1万人目の患者様が来院される
    笠岡市商店街に おかげ整骨院を開院
  • 2015年(平成27年)二代目院長 就任10周年
  • 創業42年 延べ、14,000人以上の方々に支えられ現在に至る(平成29年4月現在)

まきの整骨院 ~私たちの誓い~
1、私たち最大の喜びは、施術を通じて患者様の健康に御奉仕できる事です。

2、私たちの願いは只ひとつ、患者様の健康回復、快適な日常生活をお送りして頂くことです。

3、私たちは常に最善の施術を患者様に御提供できます様、日々研鑽に努めます。

4、「信頼の喜びを求めて…」患者様の御期待に添うべく従業員一同、全身全霊で施術技術の向上を図ります。

5、今日も一日、患者様の素晴らしい笑顔を糧に懸命に努力いたします。

挫傷(肉離れなど)・打撲・骨折・脱臼
などの急性の外傷と考えられる症状
には健康保険が使用できます。
治療や保険会社のやりとりなど
身体の状態に基づいて治療計画をし、
詳しくご説明致します。
はり・きゅうを使っての鍼灸治療や
水素療法などの他、肩コリ、疲労など
健康保険を使用しない治療。